NO IMAGE

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール

「チラシの実績」は「通いたい校舎の実績」ではない場合がある

学習塾を選ぶときに大事なことはなんでしょうか。

いろんな要素があると思いますが、大きな要素として、その学習塾の「合格実績」があります。
○○高校に何名合格!とか100%合格!とか、そういうものですね。もちろん重要な要素です。私の塾でも、実績は発表しています。嘘偽りなく。

しかし、その合格実績は、校舎の実績ではないかもしれません。

比較的大きな学習塾だと、大体の場合、新聞に入れられる折込広告やホームページなどで公開されている合格実績が全校舎でまとめてあります。
つまり、「○○高校に合格しましたと書いてあるが、実はそれは今から通おうとしている校舎の実績ではなかった」となる場合が、往々にしてあるということです。

すべての塾がそうであると言いたいわけではありません。
1つだけ教室を持っている個人塾さんの実績は確実ですし、大きな学習塾でも、校舎での実績を出されているところだってあります。
ただ、一つの可能性として、そういうこともありえるということです。

「成績アップ実績」もそれと同じことが言えます。合格実績よりは密着型のチラシが多いですが。

「塾の実績」はあくまでも「その年の実績」

しかしそれ以前に、合格実績はあくまでもその年の話ということ。

合格するかしないかは、そのときの複数の要素によって左右します。
志願者倍率がたまたま低かった場合もあれば その塾にたまたま優秀な生徒が集まっていた年だったとか 少数精鋭でみっちり鍛え上げることができたとかこういうことの積み重ねによって、実績が出る場合があります。
少数精鋭で去年良かったけど、今年は人数が多いからそういうわけにはいかないとか、今年の生徒は昨年ほど優秀じゃないから実績が出にくいとか、こういうことだってあり得るわけです。

「合格実績」を否定しているわけではありません。
いわゆる良い高校に合格できたのは事実ですし、本人もがんばったし、その生徒を支えた塾の先生も学校の先生も素晴らしかったから出た結果です。

でも、それが「今年もそうなるのか」は、合格実績を見るだけではよくわからないよということを言いたいわけです。

あ、去年○○高校の実績が出てるからこの塾行こう、という考えで安易に塾を選ぶと、痛い目にあうかもしれません。

塾は「人」がつくるので。

私が塾講師として働いている中で、重要視しているの一つは、「人」です。

うちは個別塾ですが、集団指導塾でも個別指導塾でも、もっと言えば、映像が主体の塾であったとしても、塾には必ず「人」がいて、その「人」が塾の雰囲気を作ります。
料金やシステムでは、その塾の雰囲気は作られません。看板の派手さや明るさで、作られるわけでもないのです。

どんなに素晴らしいシステムでも、運用するのは「人」です。
どんなに安くても高くても、結局指導してくれるのは「人」です。

塾の場合、その「人」の大きなウエイトを占めるのが「責任者」です。
個人塾であれば、その塾の代表の方。大手塾であれば、その校舎の責任者。塾にお話を聞きに行ったときに、初めに会う人です。

どういう人がいい人で、どういう人が悪い人かというのは、人それぞれ感じ方がちがうので、具体的には言及しません。
あなたが、その「人」に対してきちんと伸ばしてくれそうな雰囲気を感じられれば良いかと思います。

厳しい感じなのか柔らかい感じなのか
バンバン引っ張って伸ばしてくれそうなのか
寄り添ってほめてほめて伸ばしてくれそうなのか
困ったときに相談に乗ってくれる感じなのか
ついていけば困ることもなさそうな熱い人なのか

どういう先生に合いそうなのかは、本人と保護者の方が感じる空気でわかります。
私たちも半分営業マンなので、がんばって営業トークもするし、笑顔も作ります。でも不思議と、15分くらいすると、話している人の人となりや心にあるものが感じられます。
その感情に正直に、通う塾を決めればよいと思います。

決して安い月謝ではありませんから、あまり分かりやすい指標に踊らされすぎないように。お気を付けくださいね。

塾家庭教師についてカテゴリの最新記事