NO IMAGE

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール

入試が刻一刻と近づいて、中学受験を控える小学生には「時間配分」を意識させる指導を始めています。
「時間配分」とは簡単に言いますが、実はとても奥深いもので……

入試は時間との闘い?

受験に成功する、志望校に合格するためには、2つの要素が噛み合わなければなりません。
・出題された問題を理解し、解けること。
・時間内に解ききること
その結果、合格点以上の得点を得られれば、晴れて合格となります。

だから、「入試は時間との闘いだ」と評されるわけですが……
私が持っている生徒の中は、この「時間との闘い」という意味を間違えてとらえている人が多いです。

その結果。

力はある。もしくは、普段から勉強もしっかりやっている。
でも、模試や定期テストでは思ったような成果が得られないという生徒が少なからずいます。

例えば力がない生徒は、もっと勉強しなさい、だし。
例えば普段から勉強していないなら、もっと勉強しなさい、だし。
まずはそういう「低次元」のところからスタートです。

むしろ、力があって勉強もしているのに、なぜか成果が出ないタイプの方が、伸ばすのは大変です。

入試は時間「配分」との闘いである。

「力があるはずなのに伸びない生徒」の答案をチェックすると、圧倒的にケアレスミスの多さが得点を落とす原因になっていることがわかりました。

「ケアレスミス」とはいっても、いつも「落ち着けば解けたでしょ」というような単純なものとは限りませんが、私がチェックした限りでは、普段問題を解かせているときには解けているいました。だから、「落ち着けば解ける」と判断できるものでした。『え、時間がないからとにかく早く解こうと思って』というのがこの生徒の言い分です。

「勉強時間が長いのに伸びない生徒」の場合は、テスト後半の空欄が目立ちました。これは、明らかに「時間が足りなかった」という結果。

前から順番にやっていくと、時間が足りなくなったのでしょう。
数学なら、後半は大多数の生徒が解けないので気にしないのですが、理科や社会のような、問題番号と難易度が比例しない問題については、もったいないことわけです。『え、目の前の問題解けないともったいないので』というのがこの生徒の言い分。

どちらも、このお仕事をしているとよく登場する生徒たち。この子たちは、やっぱり「時間との闘い」の意味を間違えています。経験上この2つのタイプに共通する処方箋は「配分」です。

もう少し具体的に言うと
・まんべんなく問題をこなすことをやめさせる。
・時間を割くところを考え直す。
・取らなければならない問題に時間をかけ、難問は「捨てる」覚悟をする。

これが、私が生徒たちに与え、実践するアドバイスです。

みんな強烈に嫌がるけれど…

「やらないところを決める」とは、怖いことです。だから、生徒保護者含め、強烈に嫌がります。

でも、やるしかない。嫌われても、やるしかない。

まんべんなくやって60点、これで不満なのであれば、やるところを絞り込んで65点。まずはこれを目標に解かなければ、前に進めないんです。

入試は「時間配分」が命。これができるかどうかが、合格するかが決まります。

入試勉強全般カテゴリの最新記事