NO IMAGE

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール

なぜ基礎力が大切なのか

私が、高校入試において基礎力がもっとも重要であると言い続ける理由は、ものすごく単純です。

基礎力がないと、単純な一問一答問題ができません

入試には、簡単な問題も出ます。
数学であれば、はじめの4問の計算問題はなんでもないただの計算ですし、国語の漢字も飛び抜けて難しい問題は出ません。記述が多いと言われる理科や社会にも、ただの用語暗記で答えられる問題が、2・3問あります

難しい問題はほとんどの受験生が解けませんから、差を生むことはありません。
昔、ある高校で数学の独自問題を難しくして「数学の得意な受験生」を採用しようとしたら、あまりにも難しすぎて差をつけることができず、結局英語のできが合否を左右した、という話もあるくらいで。各教科の難しい問題は、「とてつもなく得意」な受験生が、他の受験生と差をつけるために存在する問題です。

自分と同じレベルの受験生との差が本当に出るのは、多くの受験生が答えられる単純な問題なのです。

それなのに、基礎力を無視して、目先のテクニックに走ったり、変なノウハウに手を出してしまったりするのは、私から言わせれば愚の骨頂です。

また、入試問題のすべては今までに習った基礎的な問題の組み合わせでできています。
「応用問題」と言われる類の問題であっても、これは確実に言えます。

例えば、グラフを読み取って解答する問題
ここには、
・グラフのポイントを読み取る力
・何を意味するかを考える力
・解答する力

この3つが要求されます。見ていただければわかりますが、それぞれの力自体は大したものではありません。

「グラフのポイント」なんて見ればわかるようになりますし、「何を意味するか」には各教科の知識を要します。「解答する」は解答技術の問題なので単なる訓練です。

要は、 組み合わせ方を知らないから難しく見えるだけなんです。

例えば、長文を読んで答えを導く問題の場合は
・英語の語い力
・国語的な読解力
・解答する力

この3つを要求しています。これらもまた、分解してみれば明確にどの力が必要になるかがわかります。

つまり、応用問題と呼ばれる問題はすべて、 「基礎力」の積み上げによるものなのです。基礎力を鍛え上げなければ、一問一答も、長文も、解くことはできません。

入試問題で得点するためには

そもそも、問題を解くためには、3つのことができなければなりません。

それは
・問題文を読み取れること
・思い出すこと
・解答すること

の3つです。

数学では、思い出す要素が少ない代わりに計算できることが必要です。

入試では問題が必ず紙に書いてありますから、読み取れないとどうしようもありません
問題の意味はわかったとしても、それに対する答えを思い出せないと(もしくは計算ができないと)正しい答えにたどり着くことはできません。
思い出せたとしても、正しく解答できなければ、得点できません。

入試で得点するためには、これら3つのことをていねいに追いかけなければならないのです。
そして、これが 「基礎力」なのです。

どのようにして基礎力を上げるのか

ごくごく簡単に言えば、基礎問題ばかりを積み上げてくださいということです。

先ほども話した通り、応用問題は、基礎力の積み重ねです。
計算力や用語・単語の暗記はもちろんのこと、解答のしかたやグラフの読み取り方など、こういったものも基礎力の中に入っています。

これを、ていねいにつぶしていくことが大事なんです。

例えば計算問題。
計算問題は、ただ練習するだけではダメです。ストップウォッチ片手に、制限時間を設けて練習します

例えば単語の暗記。
単語は、1発で覚えようとしてはいけません。うすく広くを何日間も続けて、覚えていくのです

細かい方法はまだほかにもたくさんありますが、基礎力をつける、ということを意識するだけで入試を突破するための力は身につきます。まちがいなく。

広島県公立入試全般カテゴリの最新記事