NO IMAGE

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール

併設型高校入学者選抜の定員

1月7日に、「併設型高等学校」の入学者選抜定員が発表になりました。

併設型高等学校とは、いわゆる中高一貫校のことです。広島県には、広島県立の広島高校と、福山市立の福山高校の2校があります。
この2校は、高校の定員自体は、広島高校が240名、福山高校が200名ですが、広島中学校・福山中学校からの内部進学があるため、高校での募集はその人数を引いたものになります。

今回発表の選抜者の定員は、広島高校が85人福山高校が88人となっています。
毎年、ここに100人~140人の志願者がいるので、志願者倍率は1.5倍くらいです。

他の公立高校入試との違いは、
①3教科の学校独自問題であること
②選抜Ⅰの日に、一発勝負であること
の2点です。

残り1か月を切った入試。
過去問およびそれに準ずる問題集で、合格へつなげましょう!

令和3年度入試情報カテゴリの最新記事