NO IMAGE

文法は分かる。

今日の教材は、文法問題が中心でした。
長文を読むための読解力よりも、単純な文法や単語の理解度を試すタイプ。

これを解かせてわかったことは、文法についての知識は思ったよりも持っていることでした。
「もしかしたら、文法用語を使っても理解できないかも」と思っていた生徒でも

~estを見れば「最上級だ」とわかっていましたし
last nightとあるから「過去形を使う」ということも理解できました。
過去分詞を「~される」ときちんと訳せていることは感心しました。

英検で問われるような、活用の変化問題は、もう必要がなさそうです。

熟語は分からない。

覚えておいてほしい単語は、だいぶ頭に入っていますが
残念ながら熟語はまだまだです。

more than「~以上」やlook for「~を探す」などは覚えていましたが
take care of「~の世話をする」so ~ that …「~すぎて…」は、まだまだ出てきませんでした。

これが頭に入れば、もっともっと楽に問題が解けるのですがね。

文法問題はないけれど

ただ、広島県の入試問題には、単純な文法問題は出てきません。
だから、「文法問題を解くための」問題練習は本来必要ありません。

それでも、私が文法問題を今回教材にしたかといえば
「文法の総チェックをしたかったこと」です。

前回の入試対策で、読解問題と一緒に文法の確認をすることはなかなか難しい(少なくとも私の技量では)と感じたので
一度文法をまとめてチェックしたいと考えて、教材を作りました。

うちの英語講師のみんなとも話をさせてもらって
文法がわからないと長文は読めない!という結論に達したので
そのように作ってみました。

うちの生徒たちは英検3級をほとんどの子がもっているので
「なんとなく読む」と「なんとなく書く」はできるようで
だからなおさら、細かく読めるようにしてあげないといけないと思っています。

入試勉強全般カテゴリの最新記事