NO IMAGE

成績の伸ばし方は本当に十人十色

偉そうに言える立場ではないですが
私もこの業界を十数年関わってきて、ある程度「成績の伸ばし方」「志望校に合格するやり方」というのは分かっているつもり。

でも、それがいつもいつも全員に当てはまるかと言われると、それはまた違う。

関連記事
勉強は量か質か、に関する1つの回答
勉強のやり方はいろいろ失敗ながらだんだんとうまくなる。

私が関わってきた400人くらいの生徒のなかで、成績が伸びたナーとか、いい高校にがんばっていけたナーと、自信をもっていえる生徒の多くは、

  • ノートまとめにこだわるよりは、たくさん問題を解いた方がいい
  • 質よりまず量
  • 1つのテキストを何度も何度も解き直す方が効果的
  • 寝る
  • 過去問で形式慣れ

というようなデータはあります。
でも、あくまでも「多く」なんですよね。

めちゃくちゃきれいなノートまとめをして、それを覚えて成果を上げた生徒もいます。
テスト前一夜漬けで全教科8割を、中1から高3までそろえてきたつわものもいます。

これを解決するのは、「パーソナルトレーナー」の存在

私も含め、よくある勉強法オススメサイトやツイート、インスタグラムの記事などで書かれていることは、決してウソではありません。
ただどうしても、こういう話は主に「経験談」もしくは「経験談を集めたもの」となってしまいます。

だから、「ほとんどの人はノートまとめじゃなくて問題演習してるぜー!」ということになっちゃいます。
「ほとんど」っていうのがミソで、何人くらいこれからこぼれるのかは、書いている本人もたぶん分かっていません。

どの方法が正しいか、これを判断してくれるのが「パーソナルトレーナー」です。

学習塾や家庭教師を頼む理由として、これは大きいと考えています。
身近に、自分(自分の子ども)の様子を見てくれていて、よさそうな方法を提案してくれる。もっというと、どの方法が一番いいかを一緒に考えてくれる。
こういった人が必要なのだろうと思います。

情報はネットでたくさん得られる時代ですが、重要なのはその情報をいかに活用できるか。
そのための専門家・近くの人の助言は、有効だと思います!

塾家庭教師についてカテゴリの最新記事