入試勉強全般

1/3ページ
  • 2023.04.19

教材の選び方・講座の選び方

教材や講座を受ける際には、自分にとって最適な方法を見つけることが大切です。学びたいことを明確にし、そのために必要な前提知識がある場合には、その知識を事前に身につけることが重要です。これにより、教材を効率的に活用することができます。また、講座を受ける際には、講座の内容に合わせて受講順序を考えることが大切であり、自分に合ったスタイルを選ぶことが、学習効果を高めるための第一歩です。 さらに、教材や講座を […]

  • 2023.04.05

受験勉強において、ミスをなくすことが勉強である

この文章は、受験勉強において成功するためには、ミスをなくすことが勉強であり、弱点克服や得意な教科に注力することが重要であることを伝えるものです。 ミスをなくすことが受験勉強の本質 受験勉強において、ミスを犯してしまうと、その分だけ点数が減ってしまうため、ミス絶滅のための方法を学ぶことが必要です。この方法とは、過去の過ちを徹底的に分析し、同じミスを二度としないようにすることです。また、「自分なりの合 […]

勉強に対するエネルギーは、どこから補充するか。

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール モチベーション低下を考える 体調は崩していませんか?この時期は雨が多く、じめじめするので体調を崩しやすいです。3食と睡眠は欠かさず行い、栄養分・エネルギーを補充しましょうね エネルギーと言えば、最近、勉強に対するモチベーションはどうですか?4月にあったモチベーションは保ててますか?もしかしたら、今はモチベーションが下がっている時期かもしれま […]

勉強方法は試行錯誤して成長するものだ。

勉強法の試行錯誤 小学生の勉強意欲が上がらないかなと思って、試行錯誤している段階です。 問答無用で勉強を……と言いたいところですが、勉強の「楽しさ」を教えておいてあげたいので、(どうせ詰め込みさせられますから)いろいろ考えています。 プリントタイトルの変更 私が授業用に作るプリントのタイトルを変えてみました。昔から、「算数練習プリント」とか「●●中対策プリント」みたいな、ありきたりな名前をつけるの […]

英文法問題の取り扱い

文法は分かる。 今日の教材は、文法問題が中心でした。長文を読むための読解力よりも、単純な文法や単語の理解度を試すタイプ。 これを解かせてわかったことは、文法についての知識は思ったよりも持っていることでした。「もしかしたら、文法用語を使っても理解できないかも」と思っていた生徒でも ~estを見れば「最上級だ」とわかっていましたしlast nightとあるから「過去形を使う」ということも理解できました […]

今までと同じやり方では勝てない

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール もしあなたが、定期テストや実力テストで思うような成果があげられていないとしたら、大胆に取り組み方、考え方を変えなければなりません。今までと同じやり方では、その現状を打破することはできないのです。 関連記事いつも計画倒れに終わってしまう人たちへ勉強は量か質か、に関する1つの回答「モチベーションアップ」を考える 現れている現実 今、目の前に現れ […]

理解することと解けることは違う。

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール 理解にこだわりすぎること 理解にこだわりすぎてはいませんか?実は理解することが点数アップにつながるとは一概には言えません。 理解にこだわって定着率を上げたものの、そもそもの勉強量が増えていないので、成績は思ったほどは上がっていないというちぐはぐなことになってしまいます。 点数をとる、合格ラインにのせるというのは、幹の部分を「つかむ」ことであ […]

公立高校に合格するための「復習」のやり方

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール 今日は、復習のしかたについて記事にします。学力向上において、復習はやはり重要なことで、ここで力を抜くと、学力の伸びは期待できません。 復習とは、ここでは「反復練習」ということばに置き換えられます。これをおろそかにする人に上達はありえません。予習と授業で理解するだけでは成果は限定的、練習することによってしか学力向上の道はないと心得てください。 […]

同じ問題をくり返し解く意味があるか問題

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール しばしば話題に上る、『同じ問題をくり返し解いて意味があるか』問題です。これについて、私の見解を一度述べてみたいと思います。 くり返し解く意味ある! 私は、同じ問題はくり返し解いても意味がある派です。 くり返し解いても意味がない、と考える人と話をしてみると、「くり返し解くと答えや解き方を覚えてしまう」「覚えたことをただ答えるだけだと勉強の意味 […]

国語ができない生徒に向けての処方箋

管理者プロフィールはこちらから ⇒ 管理者のプロフィール 保護者の方との面談で、「うちの子は国語ができないんですよ」と相談される場合があります。頻繁に。実は今日も、そのような相談を受けました。 「本を読んでください」はNG 若いころは、そういう相談を受けると「本を読む習慣がないのでしょうから、まず本を読んでください」と伝えていました。私は理系の講師。それよりも数学のほうが大変なんですよ、おたくのお […]

1 3